>

施工業者選びで気を付けたいポイント

こんな業者は要注意

例えば、一戸建てを建てるにしても、大手ハウスメーカーに依頼する方もいれば、街の工務店に依頼する方もいます。
大手メーカーならば、安定した技術を持っている職人しか起用しない、など、安定した技術力が期待できますし、近所の工務店であれば、顔が分かっているからこそのきめ細やかな対応をしてくれる場合もあります。
だからといって一概に安心してかかるのはちょっと無防備すぎるかもしれません。
営業だけして、実際の現場は下請けに丸投げ、保証についてや施工方法について、しっかりと説明できなかったり、図面の内容や仕上げの方法などをあいまいなまま、とりあえず契約を急がせるような会社は、施工自体への責任感が薄い場合が多いです。
そのまま契約しても、施工不良などがあってものらりくらりとかわされたり、最悪、連絡が取れなくなってしまうような悪徳業者もありえます。
無責任さを感じる様な場面があれば、早めに断る方が賢明でしょう。

工事不良を事前に回避する方法

業者選びの時には、小さな工務店であっても、しっかりとした施工例を提示できるか、会社の体制がしっかりしているか、経営者である社長の考え方が共感できるか、など、契約前にチェックしておくようにしましょう。
万が一、不良が見つかった場合に、真摯に対応してもらえる業者なのか、また、瑕疵責任保険に加入していることも確認しておきましょう。
しかし、完成後に不良が発覚するのは、施主にとっても、施工業者にとっても不幸なことです。
施工中に現場をご自分の目で見ることも大切です。
散歩がてらに現場の職人さんたちの仕事ぶりや、清掃などへの気配りもできているかどうかなどが見ることができ、施工会社の姿勢が垣間見ることができます。
一番良いのは、専門知識を持っている知り合いなどがいれば、同行してもらうことですが、現場からすると、「信頼されていない」と映り、その後の関係がぎくしゃくすることにもなりますので、注意が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る