正しい使い方を教えよう

幼児にパソコンやタブレットを利用させても良いの?

正しく使えば悪影響はない

パソコンやタブレットを長時間使用していると、画面から発せられるライトが脳や目に悪影響を与えます。 幼児に使わせる場合は、時間を決めると良いですね。 短時間の使用なら、影響を与えることはないでしょう。 使った後は、ゆっくり目や脳を休ませてください。

何時間も使わせないこと

パソコンやタブレットは用事に悪影響を与えると考えている人がいるでしょう。
しかし、使い方を間違えなければ学習に役立つアイテムなので、正しい使い方を覚えましょう。
まず使用時間を決めることが大切です。
長時間の使用は、目や脳に悪影響を与えます。
1回の使用につき30分から1時間と決めて、その後はゆっくり目を休ませる時間を確保してください。
また、暗いところでの使用も控えましょう。

どんなサイトやアプリを使うのかも親子で考えてください。
計算問題や、文字の読み書きを覚えられるサイトやアプリなら、脳の発育に良い影響を与えることができます。
パソコンやタブレットは、親が管理することを徹底してください。
勝手に使わせないで、親が面倒を見られる時間だけ与えましょう。
きちんと親が監視していれば、有害なサイトやアプリを利用することはありません。
インターネット上には、子供に悪影響を与えるサイトもあることを忘れないでください。

心配な人は、子供が使用するパソコンやタブレットに、フィルタリングをかけておくのがおすすめです。
すると万が一子供が勝手に使った場合でも、有害なサイトやアプリを使えないので安心できます。
決めた時間を過ぎたら、パソコンやタブレットが使用できなくなるシステムを使うのも良いですね。
夜遅くまで、幼児に使わせるのはおすすめできません。
できるだけ昼間に、パソコンやタブレットで学習させましょう。
そのような使い方なら大丈夫です。

使用するサイトやアプリ

幼児が使って良いアサイトやアプリを決めて、それだけ使わせてください。 学習に役立つアプリも多いので、一概にパソコンやタブレットは幼児に悪影響を与えるとは言えません。 うまく付き合うことが重要です。 幼児が使用している間は放置しないで、見守りましょう。

フィルタリングを掛けておこう

幼児が有害なサイトやアプリを使えないように、事前にフィルタリングを掛ける方法があります。 また、使用できる時間も制限すると良いですね。 夜はパソコンやタブレットを使わない方が良いので、決められた時間を過ぎたら使用できなくなるよう設定してください。

Topへ戻る